浅岡産婦人科【栃木県足利市:産科/婦人科/産婦人科/3D・4D超音波/女医/無痛分娩/家族宿泊/男女生み分け】

ピルについて

避妊の失敗や犯罪により引き起こされる妊娠。女性にとって肉体的にも精神的にも大きなダメージを受けることになります。 自分自身でご自分を守るためにも、他人任せではなく自分自身でできる避妊法を身につけるべきではないでしょうか?
ピルの避妊率は、まず100%と言って良いでしょう。
低用量ピルを使うことで、副作用(肝機能障害・血栓症・吐き気・体重増加など)はかなり軽減されていますし、 逆にメリット(月経痛の軽減・月経量の減少・定期的な月経など)も多くあります。
ただし、最近は性病もかなり増加していますので、性病防止のためにもコンドームとの併用をおすすめします。

アフターピル(緊急避妊ピル)

避妊の失敗(コンドームが破れていた・はずれてしまったなど)の場合、72時間以内にピルを服用すると、卵の着床を防ぐことにより妊娠を防ぐことができます。 避妊効果は100%ではありません。
また、ほとんどの場合、失敗したと自覚せずに妊娠している方が多いので、一度は緊急避妊ピルで妊娠から逃れたとしても、 いつかは妊娠という結果になってしまう可能性があります。やはり普段からの継続的なピルの服用をおすすめします。
[ PC表示 | スマートフォン表示 ]